藤沼国際大学とは | 藤沼国際大学        

理念

私達の理念は「家族が元気で楽しく、健康を保つ」ことです。
そして、私達の活動で「笑顔が絶えない円満な家庭を作ってゆきたい」
と思っております。

大学への想い

ようこそ、藤沼国際大学へ
まずは、こんな怪しげな名前のHPにご訪問いただいた貴方に感謝です。
この大学は、私藤沼国際大学(以下大学と略す)学長おはぎ名人こと藤沼貴子(以下学長と略す)の想いを形にした大学という名のコミュニティです。

学長創業への想い

私はかつて、医療機関で施設栄養士として働いておりました。その当時、食べ物が原因で起こる疾患のたくさんの患者様、ご家族様とかかわっておりました。

ある30代の男性は、心筋梗塞で救急搬送され、生死をさまよった後復活。その方のお話しでは今でも仕事も忙しく、食事時間をゆっくり食べるという食生活を送ってこなかった。今回の事(心筋梗塞による発作)は自業自得だとは思っている。

実は自分の父親も糖尿病で亡くなるまで、合併症に苦しんで、それでもなお、食事の調整が出来ずに、亡くなった。

自分も遺伝的な体質もあると思うので、自分だけの事であれば、好きにするんだと思うが、2人の子供達が成人になるまでは、親の責任なので、今は病院の食事を食べているので大丈夫だが、家に帰ってから、(食事の調整を)頑張りたいと思う。

その傍らにいた奥様は、ご主人が離席したタイミングで「今はああいっていますが、今まで何度となく(過食等を)やめてほしいと言っても、聞き入れてもらえなかったんです。家に帰ってもその気持ちが続くことを心から願いたい」

そう言われました。このような患者様、ご家族様にたくさん出会いました。その共通点は、やはり大人になってからの食習慣を直す事のむずかしさです。

加えて、市場で出回っている野菜や米には、環境汚染も含めてたくさんの健康を脅かす輩(やから)がいます。

私が今まで事業を継続してきた原動力は、それらの患者様の苦痛、ご家族様の心労、私自身の両親の介護を通したとても悲しく悔しい想い、その原因でもある「自分で食べるもので病気を作らない世界」への強い想いです。
そして、私は知り合いのススメで「己書」と言う筆で絵や文字を描くと言う手法に出会いました。それをお客様にお出しするととても喜んで下さる。また私自身描いているときがとても楽しい。

そして、己書の師範(伝える役目の方)で己書を楽しく描いていたら、癌が無くなった。と言う方がいて、なんと1人ではないというのです。

そういえば、「大声で笑う」やスピリチュアルな事で、病気を予防、治してしまうと言う事耳にしていました。そして、確かに気分が変わることで、とても前向きになれる事、そこから細胞レベルまで影響が及ぶと言う事、実際に病気が治ってよかったのお話しを聞いたことなど、化学的根拠さえありませんが、可能性は高いのではないか、と思うのです。

そこで、今度は、「己書」そして、これからご説明する「安心安全健康づくり」に意識の高い方が互いに教え教え合うコミュニティを作ることで、その中での役割、お互いの信頼関係を作ります。そして、様々なストレスや環境問題のなか、そのことが、ご自分だけでなく、ご家族に笑顔、元気をもたらし家族円満になることを期待できるのではないか、と思いました。

学長が「食の安心安全」ではじめた事業を、健康づくりそしてご家族円満への方法へと、転換してゆきます。それが、大学開校の大きな目的でもあります。

学部紹介

詳細はそれぞれのリンク先でご覧ください

大学と言う居場所づくり?

安心安全、そして健康づくりについて感心のある方同士が話をする場はまだまだ少ない。まして、仲良くなれる場所ってあまりないですよね。そこで、共通の話題を真剣に、話したり、知り合いになれる場を作ろうと思います。その方法が、好きな事ややってきたことを互いに教えあう、そんなことなんです。そして、興味関心のあることを伝え、それを聞く、しかも双方向で行う。それが一気に人が理解しあえると思うのです。
それを大学という名前で行いたいと思います。

9月にスタートしました!

この9月より、拠点を移し、元々健康づくりの為に行ってきた今までの「各種醗酵食品の作り方講座」「名物おはぎ名人のおはぎ」等のご提供。そして、新たに、描く愉しみで癌も無くなってしまうという「己書おはぎ名人道場」昼間っから体に良いつまみと共に美味しいお酒も飲める大学関係者限定のサロン「昼呑み倶楽部麹(こーじー)」も加え、「藤沼国際大学」として、新しいスタートを切りました。

是非、そんな健康づくりに感心の高い貴方のご参加をお待ちしております。