まちだとしあき【オリジナル学部講師】 | 藤沼国際大学        

まちだとしあき【オリジナル学部講師】

出身

東京足立区

趣味、好きな事

スポーツは中学生で始めたサッカーは30年ほど現役でやってました。さすがに今は観る専門で、国内Jリーグだけでなく欧州で活躍する日本人選手もチェックしています。

お仕事の経歴

都内区役所に40年勤務の経験から、一般的な行政相談なら幅広くお受けしてますのでぜひご相談ください

その他、メッセージ

1991年に我が子のアレルギー食をきっかけに、無肥料自然栽培に目覚める。

1996年ごろより自然栽培グループに加わり千葉の山奥で米作り。

2006年、父の生家がある長野県佐久市で畑作を始める(その距離なんと200km)

それを皮切りに小規模ではありますが、圃場を転々としながら都内区役所に勤務し週末ファーマーとして無肥料栽培に挑戦してました。

 

無肥料自然栽培というと、土の中の肥料分が無くなってしまうので育たないのではと思われますが、正確には無肥料栽培というよりか、無施肥無農薬栽培です。肥料は施さず、自然の中にあるもので十分足りると考えています。肥料を施さないことで根の張りは多く長くなり、土中深くの水分や養分、ミネラルを吸収して生長。エネルギー値の高い作物に育つと考えています。

この度藤沼国際大学の圃場をお預かりして、無施肥無農薬栽培と有機栽培の生育実験をしてみたいと思っています。

 

また、足立区内古民家の庭を圃場として種採り菜園を管理しています。