己書おはぎ名人道場 | 藤沼国際大学        

やりがいのある 楽しい事をしたい貴方に ストレスフリーな生活をしたい貴方に、人の役に立ちたいと思っている方、考える楽しみがあります。

「己書(おのれしょ)」とは筆を使って。絵や文字を描く。絵心や習字の心得がなくても初回から、だれでもすぐに味のある字が描けるようになり、描いていてとても楽しいところです。また、褒めてもらえるのも嬉しいですよ。

私自身。全く素養がなく始めましたが、描くのが楽しく、はまってしまいました。

筆ペンや水彩絵の具を使い、簡単で素敵な作品に見えるコツをお教えします。

こんな方におススメ

  • 子育てが終わり、これから何かやりがいのある楽しい事、面白い事始めたいと思っている方
  • 高齢の方で、(描くことで)人の役に立ちたい、回りの人に喜んでもらいたいと思っている方
  • 自宅以外の居心地の良い居場所や役割を求めている方
  • 絵手紙で文字をちゃんと描きたいと思っている方
  • 己書を描いてみたいと思っている方

己書(おのれしょ)ってどんなことをするの?

筆を使い、文字や絵を描きます。学校時代の絵画やお習字のような、こう書かなくては、という決まりは一切ありません。実際に筆を持つのは中学校以来と言う男性の方が、どんどん自由な絵を描いて楽しんでいただく姿をこの目で見ました。
己書は、「己」の「書」です。自分の書きたいように、自由な発想で描いていいんです。
ですから絵心や習字の素養が無くても大丈夫です。
個性を生かし、心のままを自由に描けば、沢山の笑顔が生まれます。私達師範が貴方が貴方の思いを素直に表しその楽しさに触れるように、お手伝いさせていただきます。

幸座について

己書では、講座の事を幸座と呼びます。これは、幸あれという想いを込めたネーミング。己書の憎い発想です。幸座はお題と言って、師範が用意するものを皆様がそれにそって描いてみます。多少のコツをつかめば、だれでも初回から素敵な作品が出来ます。お題どおりに描かなくても、自分で思うように描いて下さればよいんです。そこが「己書」の特徴でもあり、楽しさなんです。

2歳Nちゃんの作品

「己書おはぎ名人道場」では。営業時間の枠をお選びいただき、お客様のご希望の日程で受講いただけます。万一時間があわない場合は、ご相談ください。ご受講はお一人から数名までご一緒にご受講可能です。初めての方には、体験会も実施。
お子様のご受講もOK!2歳のお子様でも素敵な絵を描けますよ!親子で一緒に描いてコミュニケーションづくりにも役立ちます。描いた絵をご自宅に持ち帰り、ご家族様とのコミュニケーションにも役立ちます。

幸座時間及び参加費

3つの枠の中からお選びいただけます。尚、以下の時間帯でご都合があわない方はご相談ください。
ではご予約お待ちしております。

①10時30分~12時 ②13時~14時30分 ③15時~16時30分

 

 

メールでのお問合わせはこちら

予約フォームはこちら

幸座参加費

1幸座2500円、お子様代金あり、お問い合わせください。

NEW!! 初体験割引 初回ご受講の方には 1,000円で承ります。

まずはご体験いただき。己書のだいご味をご体験ください。

 

◇「己書」の活動の様子

◆こちらは、己書を初めてご体験いただいたときの記念撮影です。
Nさん、Tさん、写真掲載のご承諾有難うございます。


◆こちらは今まで長いお付き合いのお客様Hさん。とっても喜んで下さいました。

◆こちらは上のNさんの次の作品。風と言う文字が風に吹かれている、と明言が出ました(笑)とっても個性的な作品です。


◆こちらは、Kさんの作品です。同じお題「ありがとう」をみながらですが、個性的なそれぞれの「己書」が出来上がっています。向かって右は、左のありがとうを描いた同じKさんの作品です。こちらは、幸座で描いたお地蔵様をご自分で描き、このお地蔵様に合う言葉をどこからか見つけてきて、描いてきて下さった作品です。ご自分で描きたいと言う思いで、この作品をつくろうとしたKさん。幸座2回で、すでに己書の楽しみ方を会得され、驚いています。また、この絵はSNSでアップしたところ、とっても好評でした!


◆こちらは、お子様連れのママKさんです。元々私の師匠京井美根子先生の幸座に、お子様と共に数回おいでになっていたKさん。お子様達の作品は、本当にすばらしく。感性の赴くまま、素敵な作品です。写真のKさんは、己書でお母様への感謝の気持ちを伝えたいというご希望で選んでいただいた作品を描いて下さいました。丁度、おじいちゃんのお誕生日がまじかにあるそうで、それもかね「ありがとう」も描かれていました。

5歳のNちゃんが描いたおじいちゃんへの誕生日への作品「おじいちゃんお誕生日おめでとう」と書いたそうです

己書の始まり(創始者、歴史等)

日本己書道場は2012年より、日本己書道場総師範快晴軒天晴(あっぱれ)/本名杉浦正により開設されました。

快晴軒天晴(あっぱれ)/本名 杉浦正
1970年代後半よりデザイナーとして活動していた杉浦は、自らの書を「心を映す我流の書であり、唯一無二の己書」と語り、創作活動のみに徹していましたが、多くの門下生希望に心を動かされ、道場を開くことを決意しました。
2017年12月現在18期生までの師範の数は300人を超え、己書全体の規模は加速度的に拡大しています。己書道場はこの筆文字文化・楽しさを世界に拡げる活動をしています。かつての「ベビースターラーメン」のデザインは杉浦総師範作。

日本己書道場ホームページ

お客様のご感想

皆様笑顔がいっぱいでした!
「楽し~い!(幸座の間、笑顔で中繰り返しておられました)」
「習い事は生れて初めてなんです」
「とっても楽しかったです」
「(風と言う文字を描いて)風が右から左に吹きました(笑)」

乙書の作品

こちらはおはぎ名人の作品です

名物「おはぎ名人の手作りおはぎ」のイラスト
今日の一枚 もうすぐクリスマス 藤沼国際大学
昇龍 今日の一枚 藤沼国際大学