特別講座 | 藤沼国際大学        

特別講座:それぞれの日程や費用は別途ご案内致します。
味噌作り:毎年2から3月の間に実施予定

毎年1つの蔵元さんと、薬膳の有資格者の先生による、味噌を仕込んで、お持ち帰りいただく味噌作りの会を行っております。

◇【中医学薬膳指導員として学びを深めている先生のみそ会】
一味違った味噌作りを教えていただけます!

講師:高橋葉子さん

※もともとお料理が上手で「こだわりの珈琲・お酒と手作りパンのカフェレストラン「サイエスタ」(さいたま市)」では、美味しいパンを焼くことも含めて、お料理を任され、その調理経験を生かして活動されています。

3人のお子様(お嬢さんお2人と息子さん)のママさんで、薬膳に興味をもたれ、国際中医薬膳指導員としての学びを深めています。また、働くママに、手作り料理を気軽にしてほしいと、子供向けの簡単クッキングを伝える活動もされ、ご好評いただいているそうです。
もともと行っておられた味噌ワークを、以前同様当大学でも開催していただきます。食材の身体における働きに精通し、その効用を使ってお料理をすると言う薬膳の素養を持つ高橋さんの味噌作りをご体験いただけます!

原材料
・無農薬栽培大豆、
・自然栽培米麹(玄米麹:深みがあるお味、白米麹:軽やかで甘味があるお味、の選択可能)
・天日湖塩(+500円で皇帝塩に変更可)
※皇帝塩は70種類ものミネラルが豊富に含まれ、非加熱で酵素が生きている塩。中国歴代の皇帝が愛用していたそうです。

◇福井の蔵元創業106年、マルカワみそさんの味噌作りの会

講師:マルカワみそ河崎紘徳さん

かつて調理師としての経験もある工場長さんです。
※マルカワみそさんは、日本で唯一蔵付き菌という蔵に住み着いている麹菌を作り販売している味噌蔵さんです。

創業106年のその技術で作った、味噌は大変美味しいと評判です。福井県にあるマルカワみそさんが培った味噌作り【米味噌作り】の技術を伝えに来て下さるめったにない機会です。また、講師は河崎紘徳さんは、昨年に引き続き辻調理師専門学校の一番出汁取り方の日本料理のコツを教えて下さることになりました。蔵元さんのこだわりの味噌作り是非愉しんでください。

原材料等:農薬や化学肥料をつかっていない、お米、大豆、自然塩での仕込み

マルカワみそ
〒915-0006 福井県越前市杉崎町12-62
TEL:0778-27-2111(8時30分~17時30分対応)
フリーダイヤル:0120-25-8686(8時30分~17時30分対応)
FAX:0778-27-2877(24時間対応)
メール:info@marukawamiso.com

講師 河崎紘徳さん

お子たまたちも大人に交じって愉しんでくださいました

◇醤油搾り:毎年12月位に実施

長野の醤油作り師宮崎康英師匠により、「醤油搾り船」で醤油搾りをしていただき、それを一緒に見学ご体験いただきます。無農薬無肥料の醤油醪(もろみ)。それを数時間かけて、圧迫して搾ります。当日はその様子を見ていただくだけでなく、途中採種する生醤油もお分けします。昔は皆同じような風情で醤油作りをしていたはず。それを大学内で、再現していただきます。めったにない機会です。是非おいでください。

宮崎康英師匠
醪を袋に詰めて船に入れてゆきます

醪から醤油が搾り出てゆきます
袋に入れた醪を上からプレスしてゆきます

◇搾油体験:1,2月位に実施予定

長野の自然栽培農家大田圭一郎さんが、自ら作った胡麻、菜種ひまわり等をその場で搾る作業を体験していただきます。搾った後は、ドレッシングにして生野菜と一緒に、また、直接カンパーニュにつけて食べていただきます。油とは思えないさらっとして油臭くない香り。体に良い油を実体験いただけます。
この際、大田さんが作った菜種等の超レアで美味しいと評判の「低温圧搾生絞り」の各種油の販売も予定しております。毎年行うこの体験会も、油の販売も楽しみにして下さるお客様も多いです。

大田圭一郎さん(搾油機の前で熱心に説明中)
大田圭一郎さん作搾油用ひまわりの種
搾りたての油。さらっとしてびっくり!
毎年この機会、圭ちゃんの菜種油の販売を楽しみに2年連続でご参加のTさん

絞った油でカンパ―ニュにつけ、ドレッシングとして試食会「美味しい」と大好評(^_^)/

◇その他の講座

学生さんの要望等で外部講師の方をおよびした講座を適宜開催!