今私たちがコロナを広げない、家族を守る為に何をすべきか☆専門家会議の「クラスター対策」の解説―弁護士吉峯 耕平さんご提供  | 藤沼国際大学        

今私たちがコロナを広げない、家族を守る為に何をすべきか☆専門家会議の「クラスター対策」の解説―弁護士吉峯 耕平さんご提供 

コロナ対策

※コロナの写真東京都健康安全研究センター提供

昨日の小池東京都知事の発表に続き私が住んでいる埼玉県でも、都内への外出自粛要請。いよいよ緊迫した状況になってきました。

本日はやはりこの時期日々のチェックが大切な「コロナ事情」でとても参考になる出典を見つけました。

少々専門知識も必要ですが。
じゃあ、今やるべきことは何なのか。それもしっかり根拠付きで掲載。
詳しく知りたい場合は。リンク先も出ているので、私的には参考になると思いシェアいたします。

かなり長文で数値的なところまで理解するには時間が必要ですが、ざっくり見ることもありかと思います。

そして、この3連休で上野や聖火が到着した仙台での賑わいを。爆発的な感染源になることを危惧していた私です。

今私たちがコロナを広げない、家族を守る為に何をすべきか、是非参考にしてください

出典にもありますが。その為には。やはり政府が出しているクラスタを出さないための3原則(以下)が有効のようです。是非ご参考に。以下は後程お伝えする出典からの抜粋です

一般市民ができることは2つです。
①手洗いやうがいにより自分を守ることと、
②人に感染させないように「密室・密集・密接」というリスクの高い行動を取らず、しかしその範囲で経済を回す、バランスを取ること
◇「密室・密集・密接」とは
密閉・密集・密接
密閉空間・密集場所・密接場面
換気が悪い密閉空間・多数集まる密集場所・間近で会話が発生する密接場面

具体的には以下のクラスタ感染(集団感染)が確認された場に共通していたという項目が参考になると思います。

①換気の悪い密閉空間であった、
②多くの人が密集していた、
③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた
という3つの条件が同時に重なった場です。こうした場ではより多くの人が感染していたと考えられます。

お待たせしました。では本日皆様にお伝えしたいコロナ感染に対する「今私たちが守らなければならないこと(と藤沼がお勧めする)」についての記事です。

よろしければ感想お寄せください。

➾専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望 弁護士 吉峯 耕平さんご提供

新型コロナウイルス対策。免疫力アップに当大学の「自家製甘酒」のススメ

 

関連記事