何事も丁寧で慎重で、その良さたっぷりのMIDORIさん8級昇級おめでとうございます☆己書おはぎ名人道場 | 藤沼国際大学        

何事も丁寧で慎重で、その良さたっぷりのMIDORIさん8級昇級おめでとうございます☆己書おはぎ名人道場

己書おはぎ名人道場

昨日遠路から、己書幸座においでいただいたMIDORIさん。

先日迄オンラインで幸座を行っており、その際に8級に昇級されていました。

ですので。まずはMIDORIさんに差し上げました「8級認定書」をご覧ください。

MIDORIさんの良いところは、とても丁寧、几帳面さが作品によく出ています。
己書とは、「己」の「書」です。

その最も大切で、楽しいのが、「己を描く」ことです。

オリジナリティともいえると思います。

「己書」はですからいわゆるお見本はありますが、決してその通りに描くものではありません。

「守破離」という考え方に基づき

「守」お題(おのれしょの見本の事です)の表現内容をまず理解します

「破」「守」で描かれているものにこだわらず、自由な発想で描きます

「離」すると自然に、お題から離れて、「己」の「書」を楽しんでいる自分を発見します。

それが己書の楽しみ方です。

そんなMIDORIさんの作品をご覧ください。素晴らしい個性が表れています。これがMIDORIさんの持つ世界感です。

そんなMIDORIさんのように、あなたも是非、あなた自身を表現できる「己書(おのれしょ)」体験してみませんか?

詳細➾「己書おはぎ名人道場」ここを押してご覧ください

己書おはぎ名人道場の感染対策も含めた様子をご覧ください

 

前の写真のKさんの「感染対策の中の幸座をご参加いただいたときのご感想です」Kさんご感想の掲載ご承諾いただきありがとうございます。

2ヶ月ぶりの己書でした。
学内は感染症予防”これでもか!"的でありました。
検温、手指消毒、マスクは当たり前。
飛沫防止パーテーション(高さ完璧!)を挟んでの幸座。
パーテーションはテーブル真ん中におかれてましたが私が描く時はかなり手前の動かしてお題を近づけてもらいました。
さらに先生はフェースシールド。
幸座終了時にはフェースシールドに水滴💧が…
そして室内はエアコン+窓、入り口開けっぱなし。換気は完璧でありました。
細かなことまで気を使っていただきました。
withコロナ
来週も幸座行きまーす。

関連記事