善玉菌をゲットする為自家製発酵食品(調味料)のススメ☆自己免疫を上げ感染を予防するために | 藤沼国際大学        

善玉菌をゲットする為自家製発酵食品(調味料)のススメ☆自己免疫を上げ感染を予防するために

おはぎ名人学部

新型コロナウイルス感染対策、最中、今度はインフルエンザB型が流行る兆しが。。。

その対策はなんといっても免疫力を上げる事。そして、十分な睡眠、バランスの良い食事(微量栄養素の確保)、ストレス解消をお勧めします。

中でも免疫力を上げる。

自らの体が持つ力を最大発揮させることが大切です。

その第1段は こちらをご覧ください

今だからこそ自己免疫を上げてコロナ・インフル吹き飛ばそう!☆自己免疫を上げる方法とその仕組み

そして、その中でお勧めしている「善玉菌」の増やし方のご提案として、

本日は「自宅で作る発酵食品」のお勧め、です。

多くの発酵の力を使って作る醸造品「味噌」「醤油」「みりん」「酢」「甘酒」等は大腸の環境を整える、中でも「善玉菌」そのものが入っています。そしてその餌になる「オリゴ糖」も入っているものもあります。

それら「善玉菌」はそれぞれの発酵食品ができる過程で、もともとの仕込む際にいる「麹菌」そして、発酵食品ができてくる過程で飛んでくる「植物性乳酸菌」「発芽酵母」等は、「味噌」「醤油」「甘酒」の中にいるエサを求めて寄ってきます。

そして、その餌を食べて、発酵食品が出来上がってきます。ですから。それらの「善玉菌」は「味噌」等の周りにたくさん寄ってくることになります。そしてそれは、その周りにいる家族の方が吸い込むことになるんです。

わたしのおすすめは、自宅で作る発酵食品(調味料等)のおかげで、そこによって来る善玉菌を吸い込む機会が増える。

ですから、具体的には「味噌」「甘酒」等自宅で作れるものを増やしましょう。

もちろんできた発酵食品も善玉菌やその働きをバックアップする酵素の宝庫なので。免疫力アップに役立ちます。

そして、例えば「味噌」もできれば無農薬や自然農で作った【大豆】や【麹】を使うことで、より麹菌の力が発揮され、原材料が持つ生命力で、より体に良いものができます。

当学では。それら【発酵食品の作り方講座】を開学以来常時行っています。

その詳細です。こちらを押してご覧ください

□味噌づくりの会も企画しています。その詳細です。
《懐かしいお母さんの味、作ってみませんか?3月15日マルカワみそさん「味噌造りの会」参加者募集!》

 

こちらの写真は、当学で前職から行っている発酵調味料「醤(ひしお)」のかい入れ(空気をいれること)をしているところです。

「醤」も自宅で作る発酵調味料です。大豆と麦の麹と醤油や塩と水で作り、その酵素の力で、塩こうじのようにつける料理では、食品を美味しく変化することができます。さらにもともと持っている独特のうまみや香りで、お料理を美味しくできます。

もちろん前に触れているように「善玉菌」がたくさん含まれています。かいいれすることで美味しく変わり発酵も進みます。そして、前に述べたと同じく「植物性乳酸菌」「発芽酵母」等が寄ってきて「醤」を美味しくし、空気中ににその密度が大きくなります。

「醤」と「甘酒」で作ったお料理をご紹介します。すべてどちらかの発酵食品で作っているので、このお料理はすべて(ごはんを除く)発酵食品です。美味しくて免疫力アップするお食事です。

 

関連記事