声が出ない~腹式呼吸が難しいときのレッスン百恵先生の粘りで声が出ました!(^^)! | 藤沼国際大学        

声が出ない~腹式呼吸が難しいときのレッスン百恵先生の粘りで声が出ました!(^^)!

学ぶ

唄のレッスン1 藤沼国際大学

本日は毎回楽しみの唄のレッスン。

・と・こ・ろ・が・

今日は発声ができない。

いわゆる調子が悪い。とはいえ、粘り強い百恵先生※のトライで、最後の10分でようやく腹式呼吸の声が出ました。

出ない原因は、緊張、上半身に力が入って、ちゃんとした発声ができなかった。「ちゃんとした発声で声を出さなければ」という思いが強く、でないうえにさらに悪循環で。

そんな時の対処法もしっかり教えていただきました。

腹式呼吸の声が出るまでのトライで、「唄はスポーツだ」というお話。

その為の体力が必要。実際に先生がレッスンでやっておられるいくつかの方法も挑戦しました。その中の1つで、筋力を使う方法があるのですが、歌手が1ステージをうたう為3時間は声を出さなければならず、その為には体力が必要。とのことでした。

納得でした。また、歌手の方はステージの前には、泳いだり、走ったり、して、ステージではしっかり発声ができるように準備をなさるとか。

( ゚Д゚)でした。

era music school

デビューをするためのボーカル専門の音楽スクール

〒332-0021 埼玉県川口市西川口4-17-15 048-241-8300 mail@era-music-school.com

武田百恵先生※はこちらの先生。

主宰の武田透先生は百恵先生のご主人。

avexの音楽ディレクターとして「TRF」「hitomi」「安室奈美恵」「m.c.A・T」など、数多くのトップアーティストを手掛ける。

その後、㈱ズームリパブリックの音楽プロデューサーとして「露崎春女」「CRAZE」など数多くの制作全過程を担当。「岡本真夜」の制作にもたずさわる。

同時に、新人アーティストの育成業務も兼務し「裕未瑠華」の新人発掘からメジャーデビューを手掛ける。

東京スクールオブミュージック専門学校で、作・編曲プロデューサー・コース、レコーディングエンジニア・コースの講師を経て、era music schoolを開校、自ら生徒の指導にあたる。

ご夫妻でプロを目指す方の指導に当たられています。すでにこのスクールからプロデビューした歌手も創出。そんな環境の元のレッスン。というだけで私はワクワク!なんです。でもそれを言うと百恵先生は「緊張!」されるそうで教える責任感のとても強くて優しい先生なんです。

学長挨拶

「藤沼国際大学」の学長 おはぎ名人こと藤沼貴子の自己紹介です。

学長のミュージカル好きについてもお伝えしております。

最近近隣の唄のスクールに通い始め、レッスンを始めました。上手に歌がうまく歌えるように頑張りたいと思います( ^)o(^ )

そして、この大学を作る基礎はやはり家族。家族に支えられて今がある実感があります。そんな家族の紹介もしています。どうぞご覧ください。

https://fujinuma-campus.com/salutation

関連記事