店主がこだわりつくした手作りおはぎ~「貴婦人」と「黒の大様」☆親子さんでご注文、常連さんが舌鼓み | 藤沼国際大学        

店主がこだわりつくした手作りおはぎ~「貴婦人」と「黒の大様」☆親子さんでご注文、常連さんが舌鼓み

Healthy Cafe スマイルてえぶる 名物おはぎ名人の手作りおはぎ

本日は、「店主のこだわりの手作りおはぎ」のご注文があり、「店主気まぐれスイーツ」も「手作りおはぎ」にしました。

ネットからこのおはぎをご注文いただいたのは、さいたま市からおいでになったKさん親子さん。

「美味しいおはぎ」「川口市」で検索、前業態のHPからご注文くださりました。

伺うと当店のおはぎを選んだのは、

「手作りで美味しそうだったから」とのこと。

お母さま曰く「豆から作るのはなかなかできないので、是非手作りを食べたかった」そうでした。

ご一緒においでになったお嬢さん、大学生で、都内に一人暮らしだったそうですが、今はご実家に戻ってこられたようです。

そのお嬢さんは出来上がったおはぎを見ていただいている最中から「美味しそう!」を連発してくださりました。

今日当店においでになる前には、親子で

「お萩」と「牡丹餅」との違いを議論していたそうです。

そんな話を楽しそうにして下さるKさん。

「また来ます♡」

嬉しい一言です!

 

そして、「おはぎ」と言えば当店の常連のIさん。

菓子工房の時から、当店の「おはぎ」をめでてくださっています。

お店では、5種類のおはぎのうち

「貴婦人」と「黒の大様」

 

「貴婦人」白あんおはぎ

原材料の「銀手亡」豆は、白く、小さな粒。

そのフォルムから「貴婦人」とよばれているそうで。

そこから、うまみ抜群の白あんおはぎにその名前を付けました。

始めてこのおはぎを販売したときに、

1個450円(写真の2ばいの大きさです)のこのおはぎを

「450円の価値があるよ」とよく買いに来てくださったお客様。。

そんな「自慢のおはぎ」です。

 

そして、「黒胡麻おはぎの黒の大様」

このおはぎは、すりごまに「当店のこだわりの食材で作った合わせ(汁物のだしのことで醤油・みりん・砂糖を合わせて作ります)」で味をつけ、中には、こだわりの小豆と砂糖で作った小倉餡入り。

当店で5種類あるおはぎの中で、唯一「塩味」と「甘味」を一度に味わっていただけます。

※「黒の大様」のネーミングは、当時これを含めて4種類だった時に、4人家族のお父さん。なので、大様(キングではなく)と名付けました。家族の大黒柱です!

 

常連のIさんは、この2つを美味しそうに食べてくださりました。

当店では、毎日、店主の気まぐれで、手作りスイーツをお出ししております。

「米粉のケーキ」「栗いりぜんざい」「2種類クッキー」本日の「手作りいはぎ」等々

何が出るのか是非お楽しみに♡

■かふぇいそぎん

営業:平日13時~17時

※感染対策の為1回のご来店人数を制限いたしております。遠路からおいでの方は、ご予約お勧めいたしております。

TEL:050-3561-5220

関連記事