持久力を高める食事と運動を考えてみました☆ワークショップ公演出演目標にトレーニング開始します | 藤沼国際大学        

持久力を高める食事と運動を考えてみました☆ワークショップ公演出演目標にトレーニング開始します

WS出演目標の体力づくり

トレーニングを始めるにあたり、知っていることから書き留めておきたいと思います。

体づくりの目標は「持久力づくり」かと思いました。。

明後日トレーナーの成田さんの問診を受ける予定なので。多少異なるかもしれませんが、

今回のトレーニングの大枠を考えてみました。(一応健康運動指導士有資格者でして。多少栄養指導の時に活用した位ですが。)

ほぼ5年。以前はHIP HOP やジャズダンス等週に何度もレッスンにかよっていたんですが、ほとんどダンスもやらなくなり、運動と名前の付くものとは縁遠くなっていました。

ですから、とにかく体を動かすことから始めて、1か月でどこまで持久力が高まるのか。

運動と栄養面でザックり考えてみました。

◇運動:

全く運動していなかったので、まずは「ストレッチ」➾「歩く」➾「走る」、そして「筋トレ」:スクワット、腹筋、から体幹トレーニング。これを少しづつ運動量をあげてとにかく毎日やってみる。

有酸素運動が基本。20分以上で1日に継続できる運動を。

これらも何をどのくらい、そもそもの目標も成田さんとご相談です。

◇食事:かつて病院で管理栄養士として栄養指導や、スポーツ栄養もかじった程度で、現場を離れて早7年ですが、とりあえず考えてみました。

持久力を上げるには「筋肉」を作り、「疲労しにくい」体を作る。

したがって、

ごはん、パン、うどん等の炭水化物

筋肉を作るたんぱく質と糖質やたんぱく質を上手に消化吸収する為に必要なビタミンB1、B2、そして血や肉を作るために必要な鉄分を取る為には

豚肉、魚介類、レバー、鮭、牛肉、藻類、落花生などの豆類、牛乳、卵、緑黄色野菜、レモン、イチゴ、ジャガイモなどをバランスよく。

あとはどのくらい食べるか、成田さんとご相談です。・

今日はちょっとだけストレッチをしました。

本当に数年ぶり。やっぱり、立派な運動不足(笑)。

※私学長の事、事業の事、家族の事をご紹介しております。➾こちらから押してご覧ください

 

関連記事