文字を書くコツ!心を開く己書☆二人の男性の挑戦!素晴らしい作品とたくさんの試書きが素晴らしい | 藤沼国際大学        

文字を書くコツ!心を開く己書☆二人の男性の挑戦!素晴らしい作品とたくさんの試書きが素晴らしい

己書おはぎ名人道場

「己書幸座(己書の講座のこと)」においでいただいたお二人の男性のご紹介です。

お一人は、初体験のYさん。とても几帳面な方で一つ一つのワークを丁寧に、そして考えながら行っておられました。

「上手に描けない」とこぼしておられましたが。最後のワークでは、素晴らしい作品を描かれました。

Yさん、己書は精神です。上手に描くというよりは、描くときの心と向き合って、作り上げることをお愉しみいただければ大丈夫です。作品はそれについて出来上がります。とても素敵な作品、吉田さんのオンリーワンの作品ができました。是非次回も、描く楽しみをご体験ください。

次は、己書幸座2回目のIさん。

初めての漢字に挑戦!何分文字の書き順から固定概念にないものです。さらに初回にお伝えした己書作品の決まりに準じて描く。

でもたくさんの下書きをされて、作品を仕上げられました。大変お疲れさまでした。

その結果、素晴らしい作品ができました。次回のご予約もいただきました。是非己書の世界をお楽しみください。

因みに当日Iさんは、当学の名物「おはぎ」を入れた「おはぎ弁当」もお楽しみいただきました。

「おはぎ」と「己書」のご利用大変ありがとうございました。

□己書(おのれしょ)ってなあに?

己書は、上手い下手ではなく描くだけで心が楽しくなるものです。

正に心が解放されるのです。

素直に取り入れ、感じたままを描く。そして、それを受け入れることで心が楽になるのです。

私は、己書は瞑想の一種だと感じています。

なかなかできない瞑想を簡単にできるのです。

瞑想の効果は様々で絶大です。

気軽に取り組んでみてください。

詳細お申込みは以下をご覧ください。

己書おはぎ名人道場 https://fujinuma-campus.com/onoresho/

関連記事