新しい校舎で初めての撮影!~食べてみたくなりましたか? | 藤沼国際大学        

新しい校舎で初めての撮影!~この組み合わせ、最高なんです!

えがおHOME 昼呑み倶楽部「麹(こーじー)」

リムのふるさと(野生のコーヒー) 藤沼国際大学

今日初めて、越してきた校舎(大学なので(笑))で、撮影をしました。

それは、これ。

 

野性のコーヒー&落花生 藤沼国際大学

向かって左が「野性のコーヒー」右が「落花生」

引越し作業をやっていて、無性に「野性のコーヒー」が飲みたくなり。

また、先日自然栽培のMARU FARMさんの「おおまさり」という生落花生が来ていたので、ゆでました。

甘みがつよく実がやわらかいので、ゆで豆に最適。食用として千葉県で流通していたが、評判が良く現在では全国で流通しているそうです。しかし、収穫したての生落花生は地元の農家以外はなかなか食べることができない逸品なんです。

また、おおまさりの名前の由来は、「大きさや味が勝る」しかも自然栽培もの。生命力があふれ、美味しさをアップしてくれます。

 

その2つを使って、初めて大学内で、【写真撮影】してみました。

どうでしょう。食べたくなりますか?

落花生は季節品ですので、季節だけのご提供ですが、

野生のコーヒーは、「昼呑み倶楽部麹(こーじー)」でご提供、自然栽培の野菜やお米の通販等のご紹介の「えがおHOME※」で販売致します。

本日選んだ豆は「リム」これは、現地の人も入らないところに鬱蒼と茂っていたコーヒー豆。それを焙煎したものをげんちのかたは、医や腸のお薬としてつかわれているものなんです。味は飲んだ後のすっきり感が特徴です。

これ、花粉症の方が飲んで、30分後には、鼻水がムズムズがなくなったと言う方多数。

認知症の施設に月1回ボランティアで提供していたら、発語(言葉が出てきた)、寝たきりの方が起き上がってきた、等各種の改善が見られたと言ういわくつき。

美味しくて、体にも良い影響を与えてくれる可能性大のコーヒーなんです。

□昼呑み倶楽部麹(こーじー)

大学の関係者だけが使える、昼間っから美味しいつまみと日本酒とワインでおたのしみいただけます。その他学長が作る「米と米麹で作る甘酒」、エチオピアの人の入らないところに鬱蒼と生えていたコーヒー豆を日本のNPOが輸入し、特別な焙煎方法で作った「野性のコーヒー」等をご提供。

詳細は以下からご覧ください。

https://fujinuma-campus.com/hirunomi_kurabu

えがおHOME

自然栽培のお野菜・お米、エチオピアの人も入らない奥地に繁っていたコーヒー、自然食のレストラン、等、学長が選んだ体に良い商品、サービスをご提供。

「健康づくり」のキーワードで直接生産者さんたちとつながり、美味しいだけでなく、作る人と食べる人との距離もなくして、仲良くなっていただけます。

詳細は以下よりご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

https://fujinuma-campus.com/egao_home

 

関連記事