昔食べたみかんの味!三ケ日に無農薬みかんにこだわる堀川さんのみかん園で収穫体験! | 藤沼国際大学        

昔食べたみかんの味!三ケ日に無農薬みかんにこだわる堀川さんのみかん園で収穫体験!

えがおHOME

無農薬三ケ日みかん 藤沼国際大学
三ケ日無農薬みかん農家堀川さん 藤沼国際大学

本日、浜松市三日日の自然農(江戸循環農法)農家、MARU FARM の 長谷川乾さんに、お願いいたし、農業体験とみかん収穫体験ツアーを行いました。

まず最初のご報告は、三日日で数少ない【無農薬のみかん】を作っておられる「堀川さん」の畑で、収穫体験を行いました。

堀川さんの畑は、観光農園ではありません。今回仲介してくださった長谷川さんのご助力と堀川さんのご厚意で、めったに体験できない無農薬みかんの収穫体験を受け入れていただきました。

※写真はみかんの選定方法を教えてくださる堀川さんです。

聞くと、堀川さんが、無農薬みかんを取り組み始めたきっかけは、

「農薬」によるアレルギー(という言葉で言われていました)で、お父様が、皮膚から、体にも、湿疹やかゆみなどがあり、それを見かねて40年も前に始めたそうです。。

とはいえ、生活のために作り販売しなければなりません。当時の販路をうかがうと、生協や同じ自然農のMOAさんなどが商品の受け入れをしてくださったそうです。

また、堀川さんに、作業で最もご苦労されていることはとお尋ねしたところ、「除草です」とはっきり答えてくださいました。

帰りに慣行栽培のみかんの畑を拝見すると、確かに、畑には、雑草がありません。

一方堀川さんの畑は、雑草がところどころありました。

「ちょっと(除草を)さぼると、大変なことになる」とは堀川さんの弁。

それだけ作業に手間がかかるこの栽培法。今まで40年も継続されてこられたことこそ、他にまねできない、すごいことなんだと思います。

 

いただいたみかん、私たちが本日収穫したみかんは「早生」としては、大きくなっており、帰りがけ、堀川さんから、「こっちのほうが甘いよ」と小さいみかんもいただきました。

そのみかんの味。最初、みかん畑でいただいたとき

「優しい味、体を包んでくれるような、懐かしい味」これは一緒に行ったHさんも同じご意見でした。

市場に回っている慣行栽培の味とは、全く違う「味」でした。

40年前。お父様のアレルギーを見かねてはじめたという「堀川さんの挑戦!」毎日が大変な労働と、ともすると、近隣の農家さんとの意見の不一致からの悩みなど。

たくさんのご苦労の上、今があるような、気がしました。

いただいたみかんの味。そんな親孝行がきっかけで始めた「無農薬栽培」

おそらく、みかん本来の生きようとする働き。自分たちに必要な虫を寄せて、害になる虫を排斥。

そんな力を発揮して、種の保存を目指して生きるみかん。

その力強い生命力をいただきました。

堀川さんの想いに感謝です。

 

 

 

無農薬三ケ日みかん 藤沼国際大学
三ケ日堀川さんの無農薬みかん1 藤沼国際大学
三ケ日無農薬みかん農家堀川さんのみかん園 藤沼国際大学
三ケ日無農薬みかん農家堀川さんのみかん園で 藤沼国際大学

えがおHOME

自然栽培のお野菜・お米、エチオピアの人も入らない奥地に繁っていたコーヒー、自然食のレストラン、等、学長が選んだ体に良い商品、サービスをご提供。

「健康づくり」のキーワードで直接生産者さんたちとつながり、美味しいだけでなく、作る人と食べる人との距離もなくして、仲良くなっていただけます。

本日ご紹介した「ツアー」は、上記の中の野菜農家さん企画で行ったものです。MARU FARMさん、主宰の長谷川乾さんにお世話になりました。

詳細は以下よりご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

https://fujinuma-campus.com/egao_home

関連記事