書くコツをつかんで「楽しい!」を連発Mさん素敵な作品☆瞑想の世界で右脳を使う己書(おのれしょ) | 藤沼国際大学        

書くコツをつかんで「楽しい!」を連発Mさん素敵な作品☆瞑想の世界で右脳を使う己書(おのれしょ)

己書おはぎ名人道場

本日己書幸座2回目においでになったMさん。

前回から少し間が空いたんですが、今日のお題4つ。1つづつ、割合ササっと描かれていました。

そして、とにかく文字を「ぎゅっと寄せる」だけとお伝えしていたところ、不思議不思議、ご自分で字の大きさや形まで変えて、そのうち楽しんで描くようになってきました。

2つ目のお題くらいから、自然とご自分で考えて描くようになっていました。そして、「楽しい」が口から出るようになっていました。練習で描いた作品も額に入れたいくらいの出来で、1つ1つがMさんの個性がとても発揮されていました。

清書の段階も、またまた、素晴らしい表現で描かれていました。

そして、Mさんは本日で10級に昇格です。大学には、壁に各級ごとにお名前を掲示させていただいております。

本日Mさんのお名前を10級のところに追加いたしました。これから1つづつ階段を上がってゆきます。

どんな作品を描いて愉しまれることか。今からとても楽しみになっています。

Mさん本日もご参加ありがとうございました。楽しんでいる様子を拝見し、私まで嬉しくなりました。ありがとうございます( ^)o(^ )

□己書(おのれしょ)ってなあに?

己書は、上手い下手ではなく描くだけで心が楽しくなるものです。

正に心が解放されるのです。

素直に取り入れ、感じたままを描く。そして、それを受け入れることで心が楽になるのです。

私は、己書は瞑想の一種だと感じています。

なかなかできない瞑想を簡単にできるのです。

瞑想の効果は様々で絶大です。

気軽に取り組んでみてください。

※当大学の己書幸座はほとんどワンツーマンです。コロナ対策としても他の方はいらっしゃいません。そのほか、マスク着用、入室時のアルコール噴霧していただいております。

集団での幸座ではありませんので、その分安心してご受講ください。。

詳細お申込みは以下をご覧ください。

己書おはぎ名人道場 https://fujinuma-campus.com/onoresho/

関連記事