枠を書いて文字を綺麗に描く広瀬晴美先生の工夫と素晴らしい作品にKさんが感激!☆己書おはぎ名人道場 | 藤沼国際大学        

枠を書いて文字を綺麗に描く広瀬晴美先生の工夫と素晴らしい作品にKさんが感激!☆己書おはぎ名人道場

己書おはぎ名人道場

※写真は、Kさんが描いた晴美先生の「私が輝く44のことば」の一部です。とても素晴らしいです!

私の「己書」の幸座に、毎週おいでいただいているKさん。

そのKさんが先週から取り組んでくださっているのが

己書上席師範、第1期師範の広瀬晴美先生のお題「私が輝く44のことば」

このお題は、晴美先生の代表的なもので、文字の工夫と独特の組み合わせがあります。

その多くの深さを、描いていて実感しておりました。

また、先生から、文字を描く前に、枠を書くご提案をいただきました。

実際に私が先生の幸座で描いて見るととても描きやすく、しかもぎゅっと寄せて綺麗な仕上がりになりました。

と私がそう感じたままをKさんに伝えて、枠を書く方法をご提案し、

Kさんも枠取りをしながら作品を書かれていました。

それは、他の作品でも使え、それも晴美先生から教えて頂いた方法でした。

Kさんにもお伝えし、やはり「「枠を書く」方法は(作品を仕上げるに)とてもいい」と喜んでくださいました。

流石晴美先生です。私だけでなく、Kさんもとても嬉しそうでした。

晴美先生の「私が輝く44のことば」は4回にわたっての幸座になるので、Kさん楽しみにされています。

最後の製本も先生から、100均で売っている色画用紙を使った方法を教えて頂いております。

Kさんも最後の表紙を描くこと、製本についても今から楽しみにされています。

先輩師範からの教えは本当に有難いと思いました。

自分にない方法やたくさんの教えを代わりに伝えることができ、

何より生徒さんが喜んでくださること、己書の師範で有難いと思いました。

晴美先生感謝です。

以下は、Kさんが同じ幸座で描いて下さった「お地蔵様」です。ユニークなデザインをそつなくこなすKさん、実は作品1つ1つのお地蔵様にストーリーを考えてくださっていました。

◇貴方もKさんの様に、素晴らしい作品を描いて見ませんか?
「己書(おのれしょ)」は絵心や筆文字に精通していなくても、初回から楽しく描ける新しい書です。

オンラインでもご受講いただけます。

詳細➾ここを押してご覧ください

関連記事

カテゴリー