発酵食品【醤(ひしお)】講座の勧め☆コロナ対策にも貢献!自宅で発酵食品を作って空気中の善玉菌をゲット! | 藤沼国際大学        

発酵食品【醤(ひしお)】講座の勧め☆コロナ対策にも貢献!自宅で発酵食品を作って空気中の善玉菌をゲット!

おはぎ名人学部 コロナ対策 安心安全でおいしいもの

昨日は、当校お勧めの発酵調味料【醤(ひしお)】の作り方講座を行いました。

講座と言ってもコロナ対応の為、ワンツーマン講座です。

いつもご愛顧いただいているMさん。まずは【醤】と【米と米麹を使った甘酒】を使った【発酵膳】をご試食

このお料理は、主に【醤】と【甘酒】を漬けて作る料理の数々。

醤漬けマグロの刺身

甘酒漬けマグロの刺身

醤漬け大豆ミートのから揚げ&生野菜の甘酒ドレッシングがけ

醤漬け鶏ひき肉と卵の炒め物

醤漬け鶏肉と根菜の煮物

醤と甘酒漬けヒジキと切り干し大根

醬と甘酒と酢漬けきくらげの酢の物

ピーマンの醤炒め

安納芋の甘酒マッシュ

蛸の甘酒漬け

根菜の醤漬け

未醤汁

これらのお料理の特徴は、醤や甘酒の酵素が食材の成分を分解、うまみ、こく、甘味、しっとりさ、等を引き出します。

するともともと食材が持っている味が驚くほどに変化します。

例えば、マグロの刺身の2種

比較的たんぱくなマグロが、醤と甘酒の酵素に分解されて、しっとりとし、うまみと甘みも加わります。

するとマグロがそれぞれ、品があり、一クラスも二クラスもうえの味に変わります。

Mさんが柔らかいとおほめ頂いた【醤漬け鶏ひき肉と卵の炒め物】は

醤の酵素がひき肉を分解し、柔らかく変化させ、加えてコク、うまみ、甘味、を加えています。

これ漬けるだけで美味しく変化します。お料理の時短ができます。

また、鶏ひき肉を醤につけることでしっとりとするため、このたねをハンバーグにもできます。

このしっとり感は、酵素の力で油が分解されてできています。

繋ぎの食材不要で作れます。

そして、美味しいだけでなく【醤】と当学自家製の【甘酒】は【発酵食品】でありこれらを使った本日のお食事は【発酵食品】へと美味しく変わっているんです。

そして、この【醤】のもう1つのおすすめは、【醤】を作っているときに、空気中によって来る【善玉菌】を吸い込んで、大腸の環境を整え、免疫力アップ、してくれることです。

【醤】を仕込み発酵が進んでゆくと、醤の中では、酵素ができ、糖質が分解、それをエサとして食べたい【植物性乳酸菌】【発芽酵母】がやってきます。それらは【醤】の中で【乳酸発酵】【ビタミン産生】を行い、【醤】を美味しくしてくれます。

しかし、前に述べたように、【醤】を仕込んだ時の【麹】に入っている『麹菌』と共に、善玉菌なので、食べて、そしてたくさん寄ってくる空気中から吸い込んで、体に取り入れることができます。

その結果、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内フローラの環境が整い、免疫力がアップする。

私は中でも空気中に飛んでくる善玉菌を吸い込んで体に取り入れる、この仕組みに注目し、だからこそ【自宅で発酵食品を作る】良さの1つでもあると思っています。

「コロナに負けるな!」自宅で発酵食品を作って空気の中から善玉菌を取り入れましょう!

◇発酵調味料【醤(ひしお)】他、発酵食品作り方講座開催中!

食品を美味しく変化させ。そして免疫力をアップしてくれる発酵調味料たち、それらは、今問題のコロナ対策にも役立ちます。

また、従来から問題視されている「食品添加物」「遺伝子組み換え食品」対応にも役立ちます。

なぜ役立つのか、そもそもの問題とは何か!だからこその対策として、自宅で発酵食品を作ることをお勧めしております。

それらのご案内は以下よりご覧いただけます。

➾おはぎ名人学部 ここを押してご覧ください

またただいまコロナ対策として、当学では1回の入店を1組とさせていただいております。

その理由はこちらからご覧ください。

お客様、学生さん、皆様の健康を守るために☆新型コロナウイルス感染対策でお客様へお願い

学長とワンツーマンで落ち着いて講座にご参加いただけます。コロナ対策の勧めも同時にお伝え出来ます。

是非ご家庭のコロナ対策としてご活用くださいね。

関連記事