腹斜筋を使った発声法まだまだ練習中!~武田先生の筋肉の使い方すごかったです | 藤沼国際大学        

腹斜筋を使った発声法まだまだ練習中!~武田先生の筋肉の使い方すごかったです

学ぶ

唄のレッスン1 藤沼国際大学

昨日も百恵先生※の「唄のレッスン」単一音を腹斜筋を使って発声する、という練習をしています。

と言うと???が並んでしまいそうですが、

おなかの筋肉を使って発声をすることで、腹式呼吸を補う発声法、と言えるでしょうか。

その為に、毎回レッスンの最初に「筋トレ」もしています。

昨日は百恵先生のご主人で era mushic schoolの主宰でもある武田透先生も顔を出してくださり、

直接腹斜筋を使った発声を、先生の体を触りながら、体感させていただきました。

すごいですよ。これは本当に訓練と繰り返しの実践合ってのものかと思いました。

毎回百恵先生から、POPS,JAZ,ROCK,そして、声楽やミュージカルとの発声法の違いを教えていただいています。

初めて知ることばかりで、その違いが発声法が異なることもうかがっています。

そして、1つの音をきちんと発生する「単一音」の発声法をここ数回練習していただいています。

これもなかなか難しい。慣れるまで時間がかかるそうです。

まずは、少なくてもレッスンで出せた発声を繰り返し再現できるように、練習です。

面白いです。本当に。

次回は先生から私が歌いたい唄を持ってくるようにご提案いただきました。

このスクールでは。生徒さんが「どんな歌をうたいたいのか」に合わせたレッスンをしてくださることが特徴なんです。

嬉しいです。1週間後に持ってゆく唄を考えています。わくわく。。。。

今回も楽しくてためになるレッスン。そして私の習得の進捗に合わせていただけて本当にありがたいです。

宿題頑張ります( ^)o(^ )

□※era music school

デビューをするためのボーカル専門の音楽スクール

〒332-0021 埼玉県川口市西川口4-17-15 048-241-8300 mail@era-music-school.com

武田百恵先生※はこちらの先生。

主宰の武田透先生は百恵先生のご主人。

avexの音楽ディレクターとして「TRF」「hitomi」「安室奈美恵」「m.c.A・T」など、数多くのトップアーティストを手掛ける。

その後、㈱ズームリパブリックの音楽プロデューサーとして「露崎春女」「CRAZE」など数多くの制作全過程を担当。「岡本真夜」の制作にもたずさわる。

同時に、新人アーティストの育成業務も兼務し「裕未瑠華」の新人発掘からメジャーデビューを手掛ける。

東京スクールオブミュージック専門学校で、作・編曲プロデューサー・コース、レコーディングエンジニア・コースの講師を経て、era music schoolを開校、自ら生徒の指導にあたる。

ご夫妻でプロを目指す方の指導に当たられています。すでにこのスクールからプロデビューした歌手も創出。そんな環境の元のレッスン。というだけで私はワクワク!なんです。でもそれを言うと百恵先生は「緊張!」されるそうで教える責任感のとても強くて優しい先生なんです。

学長挨拶

「藤沼国際大学」の学長 おはぎ名人こと藤沼貴子の自己紹介です。

学長のミュージカル好きについてもお伝えしております。

最近近隣の唄のスクールに通い始め、レッスンを始めました。上手に歌がうまく歌えるように頑張りたいと思います( ^)o(^ )

そして、この大学を作る基礎はやはり家族。家族に支えられて今がある実感があります。そんな家族の紹介もしています。どうぞご覧ください。

https://fujinuma-campus.com/salutation

関連記事