荼毘にふす場に間に合わず。。タッチの差で残念 | 藤沼国際大学        

荼毘にふす場に間に合わず。。タッチの差で残念

学長挨拶

戸田斎場 藤沼国際大学

今日は21日に亡くなった義父の荼毘にふす日。

9時~と言う予定になったのですが、

当日は9時から新聞折り込みの持ち込みの約束をしており。それは外せないので、主人や、主人の弟にその旨つたえていました。

そして、何とか2件分の折り込み広告を持ち込んで。

斎場に。。。

主人にメールをいれ、当初の予定よりも早くついたので、受付に。。。

すると、すでに終わっており、家族も帰った後との事。。。。

受付の方が「終わった後のご家族様がどこに行かれたかは、わかりません」

そりゃそうでしょう。

続いて「早めに始まったので」

「そうか」

ようやくわかりました。

 

そこで見ていなかったメールを見ると

主人からちょっと前に終わり、子供達と帰る旨の連絡が入っていました。

その時間は、私が付いた時間の10分も満たない時間。

「タッチの差」でした。

 

学長挨拶

「藤沼国際大学」の学長 おはぎ名人こと藤沼貴子の自己紹介です。

学長のミュージカル好きについてもお伝えしております。

そして、この大学を作る基礎はやはり家族。家族に支えられて今がある実感があります。そんな家族の紹介もしています。どうぞご覧ください。

https://fujinuma-campus.com/salutation

関連記事