頑張ろう川口!自分の事は自分で守る!☆今後のコロナ感染の行方は「小さな拡大」「自粛」の繰り返しが予測! | 藤沼国際大学        

頑張ろう川口!自分の事は自分で守る!☆今後のコロナ感染の行方は「小さな拡大」「自粛」の繰り返しが予測!

コロナ対策

いよいよ35県が緊急事態宣言が解除。

その前5月7日のGW空けから、町に人出が戻ってきたかのように、増えていますね。

川口市は最初に外出自粛になった埼玉県内ですので、解除は早ければ21日(木)。

いよいよ営業再開へと準備を始めたところです。

しかし、経済復活を目指しながらも、疑問が。

3密を守れない場合、クラスタの発生へと。

 

別に、コロナ感染の拡大終息の予測を表した興味深い表があります

 

こちらのグラフは、英国のICUベッド容量を維持するために、週あたりICUの入院を必要とする100ケースとして設定、その後の推移を表したものです。

出典:16 March 2020、 Imperial College COVID-19 Response Team、 Evidence Based Management Guideline for the COVID-19 Pandemic – Review article。

この数値をコロナ感染の推移と読み取った場合、

私たちが今まで経験してきた

感染拡大➾自粛➾自粛解除

その先は、

小さな拡大➾減少➾小さな拡大➾減少

を繰り返して、終息へと向かってゆく。

そう読み取れます。

 

と考えると、私たちの生活の今後は、

「感染予防」そして、「自粛」これを繰り返してゆく。ことが十分予測できます。

その為にどう考えて生活をしてゆくのか。

それは

【可能な限りの感染対策】

【自粛要請があった場合はそれに準じる】

この2つ、そして、大切なことは自己防衛としての「食事」「環境」「ストレスを減らす、向き合う」ことではないでしょうか?

そして、おそらく、今後も「3密を含む感染対策」ができない、自らやらない、の影響で常に感染拡大が予測されます。

とすれば、大切なことはやはり、自分の事は自分で守ってゆくことしかないように思えます。

もちろん楽しい事や消費も感染予防の工夫をしながら。

関連記事