1ヶ月の区切りが自分にもう一度 頑張ろうよ と思い返す良き時間になっている☆磐梨裕子さんの整理収納講座 | 藤沼国際大学        

1ヶ月の区切りが自分にもう一度 頑張ろうよ と思い返す良き時間になっている☆磐梨裕子さんの整理収納講座

磐梨裕子さんの整理収納講座

整理収納アドバイザーでインテリアコーディネーターの磐梨裕子さん、昨年に引き続きオンライン連続講座の第2期を先月より始めております。

この講座では、ご参加の皆様がご自宅の中の整理収納について、項目を分けて、自ら問題点を探り、モノの手放しについてを考える機会をもって、目的を持った片付け、さらに、素敵なインテリアについても学んでいただけます。

今回はその2回目。

整理編の2回目でした。

どうやって整理をするのか。それを分けるという視点から、裕子さんが解説をして下さいます。

裕子さんの講座の特徴は、会の最初から、途中知識をお伝えした直後に、お客様お一人お一人にそれを踏まえたご感想やご判断を訪ねて行かれます。

そして最後には、振り返りや気づきをとおして、次回までの整理収納の課題を宣言してくださるようになるのです。

この一連のいい意味の追い込み方法は、裕子さんの的確な内容と、やはりお客様に寄り添った温かい口調がなせる業さと思っております。

先日のお客様からのご感想をそのまま掲載させていただきます。皆様blogへの掲載ご承諾大変ありがとうございます。

来月までの宣言是非頑張ってください。

この講座は全部で6回、シリーズ物ではありますが、単発のご参加も承っております。

詳細をご覧ください「オンライン整理収納連続講座スタートします」➾ここを押してご覧ください

Sさんのご感想

「「分ける」というと何を連想しますか と磐梨さんから問われ、自分がどういう考えで分けて整理しているか、そもそも自分や家族が生活しやすいように分けているのか?を改めて気づかされました。ゾーニングという観点も、自分では出来ているつもりでも、モノが多い為に、あらゆるところに同じ種類のものが点在していることで部屋が雑然とした雰囲気になっているようでした。これにはまず、初回にかえり、モノを減らしてスペースを作ることが肝だと感じました。 磐梨さんは初回と変わらず、受講者に寄り添い一緒に考えてくださり、温かい雰囲気で話を進めてくださいます。少しずつでも自分がイメージする居心地が良い部屋作りが実現出来たら、、希望を持っていけそうです。補佐されている藤沼様も他の受講者の皆様も温かく、私の拙い話を頷きながら聞いてくださいます。また、皆様の話を聞いて、励みになります。」

Sさんのご感想

「気づきは 物別でなく、用途別のグループ分け。 コレは仕事に直ぐ活かせるとおまいました。 感想は ゆうこさんの雰囲気も含めて、とても わかりやすく、そして 何より 柔らかい物腰での 物言いはお人柄が出ているのだと思いました。  夜の講義ですので皆さん、お疲れかの様子もありましたが、 自分の未来の良き空間作りのための有意義な時間でした。 わたしにとってみれば この、色々に忙しい時期のスタートでしたが 1ヶ月の区切りが自分にもう一度 頑張ろうよ と思い返す、良き時間になっていると思います。  全ては 藤沼さんの絶妙な、段取りの上に成り立っております。  では、仕事に戻ります。改めてまして ありがとうございました。」

Kさんのご感想

「日々、バタバタと過ごし、時間の流れが早く感じていて、なかなか整理整頓に手がつけられていないのが現状です。 しかし、これを書いているのは、とあるカフェ。 休みの日にカフェに行くのを習慣のようにしているのは何故だろう?と思えば、家に居るのが居心地悪いからなんだろうな〜と思い当たり… (2階の自分の生活圏が雑多すぎるせいだと思う) ここを居心地のいいカフェのような雰囲気にすればいいのだ! と閃きました。 ひとまず、お片づけの時間をスケジュールしてやる! やると決めた日は、5分でも、10分でも仕分けして捨てる。分類するをやっていきます。 スケジューリングは、整理整頓もだけど、仕事についても、優先順位を上げて、やっていこうと思いました。」

 

関連記事

カテゴリー