3年もの間毎月1回己書幸座を楽しみにたくさんの笑顔が☆日本己書道場師範育成開発室室長平井浩二先生の場 | 藤沼国際大学        

3年もの間毎月1回己書幸座を楽しみにたくさんの笑顔が☆日本己書道場師範育成開発室室長平井浩二先生の場

己書おはぎ名人道場

昨日は、平井先生の幸座にお邪魔してきました。

幸座が始まる直前に会場に到着。そのころはすでに8名の方がおいでになっており、皆様でテーブルを消毒、手指を消毒されているところでした。

そして、お一人まだ来ていない方があり、皆様で心配されていました。その方は先生がお電話で確認。お孫さんのお世話がありこれないとのこと。

学校がお休みの為、おばあちゃんも忙しくなっていること。またそこでも実感しました。

講座が始まるといつもの平井先生の関西なまりで生徒さんとの掛け合いが始まります。

先生のウイットに富んだ言葉は、その場を明るくし、そして上手に生徒さんの気持ちをくすぐります。

その様子を見て、私は、平井先生のそれは、冗談を言っているようで、また、生徒さんの右脳に軽いパニックを起こさせているのではと思いました。

でも本当に生徒さんたちがそんな先生とのいつもの掛け合いをしている様子がとても楽しそうでした。

幸座が終わり先生にその旨お伝えしました。

すると先生から「年金暮らしの方達が1か月に1度2000円を握りしめて、幸座を楽しみに来てくださっているんだよ」と。

生徒さんの笑顔が、まさしくその為なんだと、平井先生のお仕事の大きさを実感いたしました。

己書の愉しさ、それは、変わらない居場所を提供している、そんな風にも思えました。

本当に「己書」の良さはたくさんで、奥が深いです。

平井先生またまた己書の深みをお教えくださりありがとうございました。

そして、当日一緒に幸座を楽しませていただいた皆様との出会いに感謝です。ありがとうございました。

□己書(おのれしょ)ってなあに?

己書は、上手い下手ではなく描くだけで心が楽しくなるものです。

正に心が解放されるのです。

素直に取り入れ、感じたままを描く。そして、それを受け入れることで心が楽になるのです。

自分は、己書は瞑想の一種だと感じています。

なかなかできない瞑想を簡単にできるのです。

瞑想の効果は様々で絶大です。

気軽に取り組んでみてください。

※当大学の己書幸座はほとんどワンツーマンです。コロナ対策としても他の方はいらっしゃいません。そのほか、マスク着用、入室時のアルコール噴霧していただいております。

集団での幸座ではありませんので、その分安心してご受講ください。。

詳細お申込みは以下をご覧ください。

己書おはぎ名人道場 https://fujinuma-campus.com/onoresho/

関連記事